ビンボー魂 おばあちゃんが遺してくれた生き抜く力

風間トオル 著

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「洗濯機がお風呂がわり」「虫歯は放置か、ペンチで抜く」「空腹のあまり、カマキリの足をかじった」「草を食べて空腹を満たした」など幼少期の貧乏仰天エピソードで『徹子の部屋』で話題になり、『明石家さんまのコンプレッくすっ杯』では「貧乏代表」「貧乏レジェンド」と称されるまでになった風間トオルさん。一方、逆境のなかでも明るく前向きに、グレず、へこまず、生きていられたのは、おばあちゃんから受け継いだ知恵と人生哲学があったからだという。発売当初から話題となり、アマゾンのレビューでは★5つが29、メディア取材も50件を超えた。下流、ワーキングプア、年金崩壊、格差社会……暗い話題の多い昨今、本書には「大丈夫」と背中を押すメッセージが詰まっている。貧乏はつらいけど、不幸じゃない。テレビでは語れなかったエピソードや心模様、思い出、人生哲学を1冊に。 0ページ

    続きを読む

    レビュー

    • 2016/08/02Posted by ブクログ

      さくさく読めた。テレビのバラエティ番組で話を聞いてしまったエピソードもあったのだが、あ〜本で知りたかったと思うぐらい、本で読むほうが面白いと思った。
      ビンボー話も驚きだったが、認知症のおじいさんのお世...

      続きを読む
    • 2016/08/06Posted by ブクログ

      以前、テレビで貧乏話をさらっとしていた風間トオルさんをみてもっと詳しく知りたいなと思っていました。

      よくある大家族貧乏や、父の会社が倒産して貧乏になったとかいうのの比じゃないくらい衝撃的で、よくこん...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/02/11Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A001682819","price":"1320"}]

    セーフモード