雷猿

楠田文人

330円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    その猿を初めて見たのは、小学生の夏だった。「振り返って見ろ」という声を聞いて振り向くと、雲の中からビルの屋上に向けて一本の紐が垂れ下がり、その紐を伝って上から何匹もの猿が降りてきた。 「おい、あれは何だ!」というと、その声に友達が振り返り、「あれって何?」と返した。どうやらその猿は、僕にしか見えないらしい。猿は、上から下に順番に赤い玉を手渡していき、一番下の猿はその赤い玉を屋上に置いた。ポツッ。肩に雨粒が落ち、川向こうの黄色い古ぼけたビルを見た瞬間、ドシャーン! という凄い音がして、そのビルに雷が落ちたのだ。ビルは炎を上げながら崩れ落ちた。雷は、あの赤い玉を目印にして落ちてきたに違いない。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿
    [{"item_id":"A001682812","price":"330"}]

    セーフモード