雪まろげ―古手屋喜十 為事覚え―(新潮文庫)

宇江佐真理

594円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    浅草は田原町で小さな古着屋を営む喜十は、北町奉行所隠密廻り同心の上遠野(かとの)のお勤めの手助けで、東奔西走する毎日。店先に捨てられていた赤ん坊の捨吉を養子にした喜十の前に、捨吉のきょうだいが姿を現した。上遠野は四人の子どもも引き取ってしまえと無茶を言うが……。日々の暮らしの些細なことに、人生のほんとうが見えてくる。はらり涙の、心やすらぐ連作人情捕物帳六編。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード