【最新刊】和の国富論

和の国富論

藻谷浩介

1,056円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    なぜ競争しているのに生産性が落ちるのか。なぜ学力を上げてもリーダーが育たないのか。なぜ十分な富があるのに、貧困と格差が広がるのか。どうすれば市場原理と多様性・持続可能性が両立するのか。地域再生の現場で繰り返される対話から、「和力」という鍵概念が浮上する。「脱・競争」のまったく新しい成長戦略。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/10/14
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    • 2016/10/12Posted by ブクログ

      201610/

      (アダム)スミスは、その前提として公正な市場が形成されておらねばならず、そのためには市場の参加者に、他者に同感する能力と、自己の感情や行為を他人の目で見て規制する習慣が求められること...

      続きを読む
    • 2016/07/30Posted by ブクログ

      ☆☆☆2016年7月レビュー☆☆☆


      『里山資本主義』や『デフレ招待』の著者である藻谷氏の対談集。林業、漁業など6つのテーマでそれぞれの「現智の人」と対談。藻谷氏の本を読むといつも「自分も何かしよう...

      続きを読む
    • 2016/10/25Posted by ブクログ

      講義中ピリピリする藻谷浩介先生が喜んでサインしてくれました。
      本の内容は、教育、高齢者+空き家対策、この2点は非常に勉強になりました。

    開く

    セーフモード