【最新刊】おはよう、愚か者。おやすみ、ボクの世界

おはよう、愚か者。おやすみ、ボクの世界

1冊

著者:松村涼哉 イラスト:竹岡美穂

627円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    あるSNSの書き込みが話題になっている。一人の高校生・大村音彦が何人もの中学生を支配し、恐喝した。その額、累計3000万円――。そして今晩、ついに三人の中学生を半殺しにしたという。「けれど、それは最悪な嘘だと知っている。だって、大村音彦は俺の名前なのだから」最悪な一夜の逃走劇の中で、唯一掴んだ手がかり。それは、榎田陽人という女子中学生の存在。壊れた世界に生きる少年と少女が出会う時――。デビュー作に続く、待望の衝撃作がついに!

    続きを読む
    提供開始日
    2016/11/06
    連載誌/レーベル
    電撃文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ライトノベル

    レビュー

    3.5
    4
    5
    1
    4
    0
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/03/18Posted by ブクログ

      前作と比べて感情移入しやすくて、読みやすかった。
      荒唐無稽な内容でもSNSで容易に拡散してしまうところとかがリアルっぽかった。
      音彦も陽人も逆のベクトルで同じ目的のために動いていたのが何か切ない。
      ...

      続きを読む
    • 2016/12/18Posted by ブクログ

      読んでいて、ため息をつきたくなるくらいにすばらしい物語でした。

      何度も何度も裏切られました、ここまで仕組まれていたとは...
      前作「ただ、それだけでよかったんです」にも楽しませていただきましたが、今...

      続きを読む
    • 2016/10/10Posted by ブクログ

      うー、デビュー作で期待のハードルを上げちゃったかな。衝撃的な作品でデビュー作した作者の2作目。事件は凶悪。はじめは大村の一人称で進むため大村に共感しようかという時に恐喝が明らかになり、大村への共感がス...

      続きを読む
    開く

    セーフモード