【最新刊】新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙IV

狼と羊皮紙

お得

4冊

著者:支倉凍砂 イラスト:文倉十

759円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    ウィンフィール王国第二位の港湾都市ラウズボーン。ニョッヒラを出て初めての大都市に心躍らせる賢狼の娘ミューリと、教会変革の使命を胸に燃やすコルだったが、二人を待ち受けていたのは、武装した徴税人たちだった。 ハイランドの機転で窮地を脱した二人。どうやら「薄明の枢機卿」と讃えられるコルの活躍が、皮肉にも王国と教会の対立に拍車をかけていることを知る。 このままでは、戦争を避けられない。打つ手無しの中、コルに助け船を出したのは、ロレンスのかつての好敵手、女商人エーブだった。 神をも畏れぬ守銭奴は、果たして敵か味方か。コルは教会、王国、商人の三つ巴の争いに身を投じる――!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/08
    連載誌/レーベル
    電撃文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ライトノベル

    レビュー

    3.8
    31
    5
    8
    4
    12
    3
    9
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/05/15Posted by ブクログ

      1、2巻がかなりあかんかったが、3巻から面白くなってきたなと思っていたら、この4巻。大変エンジョイした。個人的には、話だけではなくちょっとでもロレンス夫妻に登場してほしかったが、それは叶わず。コルとミ...

      続きを読む
    • 2019/04/10Posted by ブクログ

      前の巻から1年半も間隔が開いて、もしかして打ち切り?なんてちょっと心配になったシリーズ第4巻。作者が「狼と香辛料VR」を作っていたからだそうなので一安心です。作者のシリーズに対する熱意や思い入れは大事...

      続きを読む
    • 2019/04/03Posted by ブクログ

      いやあ、すごく良かった!
      シリーズ4作目にしてもっとも胸に来る面白さだった。

      コルとミューリの旅の4話目。
      本作ではあのエーブが登場する。
      前シリーズで何十人と登場した人物たちの中で、主人公たち以外...

      続きを読む
    開く

    セーフモード