【最新刊】住友銀行秘史

住友銀行秘史
1冊

國重惇史

1,944円(税込)
ポイント 19pt

通常ポイント:19pt

大蔵省とマスコミに「内部告発状」を送ったのは私だ。実力会長を退陣に追い込み、上層部を動かし、わが住友銀行は生き延びた。そのなかで、行内の人間関係が露になり、誰が本物のバンカーなのかもわかってきた。いま明らかになる「イトマン事件」の真実、闇社会の勢力との闘い、銀行内の激しい人事抗争――。四半世紀の時を経て、すべてを綴った手帳を初公開する。

続きを読む

レビュー

3.2
50
5
5
4
15
3
20
2
7
1
3
レビュー投稿
  • 2019/02/25Posted by ブクログ

    20 世紀終わりの、男性で構成されるヒエラルキーの、上位 3 階層くらいの暗闘が活写されています。21 世紀になって 20 年近く経ちますが、女性がこの階層に入るのも、暗闘に参加するのもまだまだ稀なこ...

    続きを読む
  • 2018/12/31Posted by ブクログ

    実際に事案に関与した当事者の一人からの、詳細な記録。つぶつぶの事象の列挙が中心で、全体のストーリーが見えにくい面はあるが、迫力はある。実名で記載されており、大企業の派閥争いがうかがい知れる点も興味深い...

    続きを読む
  • 2018/11/07Posted by ブクログ

    ★本書の成り立ちが恐ろしい★住友銀行秘史というよりはイトマン事件の深層といった方が正しいだろう。新聞記者を巻き込み、著者のいう正義感からイトマン事件を世に訴えた力業がすごい。当時のメモを並べているのが...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード