【最新刊】理系社員 サバイバル力―週刊東洋経済eビジネス新書No.176

理系社員 サバイバル力―週刊東洋経済eビジネス新書No.176

編:週刊東洋経済編集部

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    東芝、シャープ、ソニー、パナソニック……。大手電機メーカーは事業売却や人員整理で生き残りを図ってきた。これまで専門性がある技術者は不況やリストラに強いイメージがあった。ところが陳腐化した製品の技術者は、容赦なく切り捨てられるようになった。今、求められるのはあらゆる環境下での「サバイバル力」だ。技術大国であるはずのニッポンと、理系社員の未来を考える。 本誌は『週刊東洋経済』2016年4月30日・5月7日合併号掲載の15ページ分を電子化したものです。●●目次●●理系社員 サバイバル力 生き残る技術者の条件専門性と広域性で価値を生む「人財」に 産学連携推進機構 理事長・妹尾堅一郎日立の元半導体研究者 社内失業からの逆転人生 日立製作所研究開発グループ・矢野和男大企業を選ばなかった理由! ベンチャー若手社員3人に聞く ユーグレナ サイバーダイン テラモーターズ理系諸君よ、わが社に来れ!(電通・ヤフー・みずほ)誰も教えてくれない理系社員の「トリセツ」 産業技術総合研究所・中田 亨【INTERVIEW】T字型で深く掘り横に広げよ 中央大学理工学部 教授・竹内 健

    続きを読む
    提供開始日
    2016/09/27
    連載誌/レーベル
    週刊東洋経済

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    最初のコメントには一番乗りラベルがつくので、みんなに見てもらいやすくなります!

    レビューを投稿する

    セーフモード