ヤマケイ新書 御嶽山噴火 生還者の証言

編集:小川さゆり

774円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    頂上直下で被災した山岳ガイドが綴る、懸命の脱出行とそこから得られた教訓、そして、伝えることの大切さ。御嶽山大噴火の生還者で山岳ガイド 小川さゆり氏が、噴火の模様を時系列で克明に記したドキュメントとその後の検証、得られた教訓などを中心にして執筆。 噴火から丸2年、3年目を迎えて、あの御嶽山噴火を多角的に検証した貴重なノンフィクション。2014年9月27日午前11時52分、御嶽山が突然、大噴火した。9月最後の土曜日、素晴らしい好天と絶好の紅葉シーズン、そして大勢の登山者でにぎわう昼どきの最もゆったりした時間帯での突然の大噴火だった。死者58人、現在も5人の行方不明者を出している戦後最悪の事故となってしまった。頂上直下で被災した山岳ガイドの小川さゆり氏もそのひとりで、わずかな時間のすきをついての懸命の脱出だった。その事故からまる2年、彼女はその後も機会があるごとに、講演会などで悲惨な噴火の状況を報告しながら、いまだにあの事故はなんだったのか、自らに問いかけ続けている。本書は、同じ境遇に立たされた生還者たちの証言を交えながら、時系列で噴火の詳細を追った第1章「運命の一日」、専門家の考察を交えながら、客観的な視点からあの御嶽山の噴火に迫った第2章「噴火の実態」、捜索と報道、生存者と遺族の心の葛藤などを描いた第3章「噴火の影響」、そして生死の境を分けた現実や、登山者の意識などを考察した第4章「噴火の教訓」などからなるノンフィクションである。噴火を風化させないためにも、事故のすべての顛末を明らかにしようと試みた渾身の一冊となっている。

    続きを読む

    レビュー

    • 2016/11/28Posted by ブクログ

      2014年9月27日、御嶽山が噴火し、63名の死者を出す。

      その噴火時、御嶽山を登山中だった著者は幸運にも生き残る。噴石が降り注ぎ、火山灰が視界を遮り、強烈な硫黄の匂いが漂う中、生きて下山することだ...

      続きを読む
    • 2020/07/20Posted by ブクログ

      フィリンピンでインターンシップ活動を行っていた時に滞在していたゲストハウスで、ある登山愛好家の女性と会った。登山のシーズンには、山小屋のスタッフとして働くという彼女は、大好きな山の景色や山小屋での勤務...

      続きを読む
    • 2016/12/25Posted by ブクログ

      御嶽山が噴火した時、ぼくはたまたま飛行機の中で、モニターに映るニュースで知ったのだけれど、一体何が起きたのかよくわからなかった。木曽御嶽山という名前は知っていたけれど、噴火をするような活火山だという認...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001681422","price":"774"}]

    セーフモード