財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済

上念司

825円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「日本のネットベースの国債は200兆円以下」「国には借金はあるが金融資産が大半の600兆円以上の資産を持つ」……なんでこんな常識を、新聞やテレビは伝えないのか? 消費税増税や金融緩和では、財務省や日銀の思惑を忖度して「ヨイショ記事」ばかりを書いてきた。なぜ「官報複合体」は、かくも強固に結束しているのか? そのカラクリを全て満天下に!

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      財務省が、自分たちのポチである大新聞を使い、情報コントロール、プロパガンダし、自分たちの好きなように税金を使いたいというメカニズムが分かりやすく書かれている本です。
      せめて経済学部出身者が、もっと深く...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      日本の経済状況がこの本を読むことで、如何に安定したものなのかを知ることができます。新聞の経済に関する記事は、本当にアテにならないので、我々素人は本書のような信頼できる本を探して読むことで、勉強すること...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      経済学を学んだことがなかった自分でもわかりやすい例えと、根拠となるソースが明示されているので、難しい内容ではありませんでした。

      もう少し理解したいと思うのでこの本に書かれている内容をノートにまとめて...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001680851","price":"825"}]

    セーフモード