貧困とセックス

中村淳彦/鈴木大介

858円(税込)

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください。

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『ルポ中年童貞』『最貧困女子』両著者が徹底討論! 男女2400人への取材でわかった「最底辺」のリアルAV女優や風俗嬢など性産業に携わる人々を取材し、介護事業の経営者として辛酸を嘗めた経験も持つ中村淳彦と、セックスワークのなかでも最底辺の売春ワークに陥っている女性を取材し、自身も脳梗塞に倒れて貧困当事者の苦しさを痛感した鈴木大介。いま最も「地獄」を見てきた二人が目にした、貧困に苦しむ人々の絶望的な現状とは。性産業の問題から、教育・福祉・介護の悲惨な状況、そして日本社会の構造的問題にいたるまで、縦横無尽に語り尽くす。

    続きを読む

    レビュー

    • 2016/12/10Posted by ブクログ

      読了。日本が、だんだんダメな方向に走っているのが、わかる。でも回避できるのでは、と明るい光が、少し見えた。自分は何ができるのかなと考える。

    • 2018/01/26Posted by ブクログ

      なかなか気合いの入った本でした。
      裏社会ライターの中村淳彦と鈴木大介の対談本です。

      介護を筆頭とした壊れてる産業、ブラック労働で時間と賃金を取られるより、裸になった方がマシという選択になる時代。
      ...

      続きを読む
    • 2016/11/13Posted by ブクログ

       自称B級ライターの鈴木氏と中村氏が、セックスワーカーへの取材で気づいた貧困についての対談。
       熱く語る鈴木氏と、合理的に客観的に(時にはものすごく堅気に)突っ込みを入れる中村氏。このコンビの対談だか...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001680683","price":"858"}]

    セーフモード