【最新刊】ダーク・バイオレッツ7 神の書物

ダーク・バイオレッツ

7冊

著者:三上延 イラスト:GASHIN

671円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    影取の“器”を封じるため、常世の力を振るってしまった柊美が倒れて一ヶ月。目を覚まさない柊美の精神を取り戻すため、全ての叡智が記されたという“赤い本”を求める明良たちの前に、かつて明良の祖父と共に常世の怪物と闘った山内栄一が現れる。山内がかつて“赤い本”を見たという、“もうひとつの神岡町”に向かう決意をする明良と千紗。だが山内は、“赤い本”に記された叡智は、かならず犠牲を強いる、と明良に語る。そして“もうひとつの神岡町”では、最強の“常世の怪物”と化した影取が待ちかまえていた…。人気のホラーアクション、堂々完結。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/11/05
    連載誌/レーベル
    電撃文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ライトノベル

    レビュー

    3.6
    5
    5
    1
    4
    1
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/06/21Posted by ブクログ

      お勧めのラノベ教えてって言って薦めてもらった作品。なんか見覚えある作家さんだなーと思ったらビブリアの人!なるほど、面白い訳ですね。ホラーと聞いて若干尻込みしてましたがこれ位なら私でも読めました(笑)中...

      続きを読む
    • 2009/10/29Posted by ブクログ

      これまた懐かしい作品に手を出しました。初版は2002年6月となってます。
      実は読んだのは初めてではなく、2巻のみ当時読んだんですよね。
      …というのも2巻から完結の7巻までは挿絵がサモクラでおなじみのG...

      続きを読む
    • 2009/01/12Posted by ブクログ

      霊やそれに類するものが見える「紫の目」を持つ少年と、同じくそれに触れることができる「紫の手」を持った少女が街を襲う異形を退治するラノベ。
      ラノベのわりにホラー系といいますか、背筋が凍る描写も多々あり。...

      続きを読む
    開く

    セーフモード