【最新刊】マリー・アントワネット

マリー・アントワネット

1冊

惣領冬実

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    史上初、ヴェルサイユ宮殿が衣装、建築、そして王宮儀礼のすべてを監修。壮麗なロココを紙上に再現した惣領冬実の最高傑作! はじまりはヴェルサイユ宮殿の離宮プチ・トリアノン。絢爛豪華な宮殿の喧噪を離れたその場所は、王妃が求めた家族の理想郷だった。21世紀に発表された衝撃の事実をもとに描かれる、全く新しいフランス王妃マリー・アントワネットと国王ルイ16世の物語。この漫画は、歴史に革命を起こす。

    続きを読む
    ページ数
    196ページ
    提供開始日
    2016/09/23
    連載誌/レーベル
    モーニング
    出版社
    講談社
    ジャンル
    青年マンガ
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    4.1
    18
    5
    5
    4
    10
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/03/27Posted by ブクログ

      フランス革命でギロチンに消えた王妃マリー・アントワネット。彼女の生涯を描いてくれるのか、と期待して読みだしただけに、終わってしまうのかと拍子抜け。
      そもそもの企画趣旨をこちらが理解していないので、そう...

      続きを読む
    • 2018/08/12Posted by ブクログ

      ヴェルサイユ宮殿美術館 国有地公団

      「この企画は、取材や資料提供全面的に協力し、衣装、建築、王宮儀礼などのすべてを監修した史上初の漫画作品です」

      巻末にちらっと説明されてるこの部分を読んで、本作品...

      続きを読む
    • 2018/06/17Posted by ブクログ

      イケメンっぽいルイ16世が気になって読んだが、こんなルイ、惚れてしまうべ!(最近ルイ16世が好き)
      マリーも本当にこんな感じだったら可愛い。
      確か、マリー展とのコラボ企画?なんかだよねこの漫画。
      マリ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード