【最新刊】はやぶさ新八御用旅(六) 紅花染め秘帳

はやぶさ新八御用旅

平岩弓枝

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    山形の物産を商っている松倉屋の主人と番頭が急用が出来たといって旅立ち、その別宅で見知らぬ男女の死体が発見された。同時に、大金を産む特産物に関する秘密の書きものを盗んで山形から逃亡した女を探してほしいという話が新八郎にもたらされる。真新しい霜の道を踏みしめて新八郎は北へ旅立っていく!

    続きを読む
    提供開始日
    2016/09/23
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    • はやぶさ新八御用旅 全 6 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      はやぶさ新八御用旅 全 6 巻

      3,622円(税込)
      36pt獲得

    レビュー

    • 2012/03/12Posted by ブクログ

      はやぶさ御用旅

      現在進行形でつづくシリーズ。
      現在文庫化されてんのは4巻まで。
      とりあえず4巻までの感想。

      著者の人気シリーズ、
      「はやぶさ新八御用帳」の続編シリーズ。
      表紙絵も一新。
      でも、つづ...

      続きを読む
    • 2019/04/20Posted by ブクログ

      内容(「BOOK」データベースより)
      築地本願寺脇の水路に紫水晶の観音像を抱いた女の死体があがった。不審な水音をきいたという裕福な商人もその後、同じ場所で死んでいた。そして内藤新宿でも甲府勤番の斬殺死...

      続きを読む
    • 2018/07/03Posted by ブクログ

      内容(「BOOK」データベースより)

      主君の命によって上った京の町で、禁裡の向こうを敵に回す難事件を解決した新八郎。江戸への帰路は、薄幸の母子を信濃まで送り届けるため、中仙道を辿ることに。だが、街道...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001679484","price":"550"}]

    セーフモード