【最新刊】ウィガン波止場への道

ウィガン波止場への道

ジョージ・オーウェル/土屋宏之/上野勇

935円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    イングランド北部の炭鉱町ウィガン。1936年、オーウェルがこの労働者の町を訪れたとき、不景気と失業がひろがっていた。炭鉱夫たちと生活をともにしながらオーウェルは、彼らの顔貌を独特な身体感覚のもと丹念に書きとめていく。ここは、中産階級下層の彼の階級意識が決定的に試される場所となった。たとえば、「労働者階級には悪臭がする」。社会主義への支持を表明しながら、越えられない階級間の「ガラスの間仕切り」。彼はこの違和感を、あえて率直に表明する。声高に語られるドグマではなく、人間らしい生活、すでに中産階級からは失われてしまった生活様式への愛が、未来を考えるひとつの指標として提示される。20世紀ルポルタージュの嚆矢。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/09/30
    連載誌/レーベル
    ちくま学芸文庫
    出版社
    筑摩書房
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    レビューコメント
    • ウィガン波止場への道

      Ⅰ部とⅡ部で内容がかなり異なるため、まとまりがないように感じた。ルポルタージュ的な内容はⅠ部だけであり、その部分を期待して読むと肩透かしを感じることになりそう。『パリ・ロンドン放浪記』のような臨場感も...

      続きを読む

    セーフモード