【最新刊】小説 渋沢栄一(下)

小説 渋沢栄一

2冊

著:津本陽

677円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「コンペニー」「コルポレーション」「バンク」を創り、新たな国家システムを構築した“富国共栄”の設計者・渋沢栄一。「経済の平和は民心の平和に基を置かねばならぬ」ことを信じた男の発想力、行動力の源泉とは何だったのか? 現代社会にも通じる混乱と閉塞を駆遂し、改革を断行した不世出の経済人の生涯を描き切る歴史巨編。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/09/16
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸
    • 小説 渋沢栄一 全 2 巻

      未購入巻をまとめて購入

      小説 渋沢栄一 全 2 巻

      1,354円(税込)
      13pt獲得

    レビュー

    3.5
    10
    5
    2
    4
    1
    3
    7
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/21Posted by ブクログ

      恥ずかしながら、今度お札になる人のことを全く知らないので知っておかねばと思って読んだ。
      この人凄いわ。
      上から目線で恐縮だけど、さすがお札になるだけのことはあるなぁと思った。

    • 2019/05/08Posted by ブクログ

      明治維新の土台築いた人たちのランナーズハイなエネルギーがほとばしる一冊。

      渋沢栄一さんは日本の資本主義の父、東証設立者、初代の紙幣印刷局長。だけど存命中は私利を追わず、財閥にはしなかったとか。

      ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2013/04/26Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード