【最新刊】5大商社次の一手―週刊東洋経済eビジネス新書No.174

5大商社次の一手―週刊東洋経済eビジネス新書No.174

1冊

編:週刊東洋経済編集部

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    中国経済失速と資源価格の暴落で商社の業績は急降下。三菱商事、三井物産も初の赤字に沈んだ。一方で、非資源の伊藤忠商事は純利益で首位に。 薄利多売のトレーディング(モノの取引)中心の事業モデルから、より付加価値の高い事業投資へのシフトは、資源商社に巨利をもたらしたが、資源市場の変化は減損処理を迫った。 伊藤忠商事、住友商事、丸紅、三井物産、三菱商事の最新事情と「次の一手」を追う。 本誌は『週刊東洋経済』2016年4月16日号掲載の18ページ分を電子化したものです。●●目次●●資源安で大波乱三菱商事・三井物産 巨額損失からの反攻総合力の三菱に異変 20年資源倍増に暗雲 新社長で王者復活なるかなお資源投資続ける三井物産の強気の背景 物産を変えた2つの不祥事【INTERVIEW】三井物産 社長 安永竜夫/未曾有の危機だが資源の強化は続ける非資源の王者 伊藤忠の死角 ファミマ・ユニー統合の難題【INTERVIEW】伊藤忠商事 社長 岡藤正広/総合商社は個性で勝負する時代や住友商事の川下戦略 銅事件の教訓は生きたのか丸紅 背伸びした5番手商社 丸紅の泣きどころ・ガビロン【INTERVIEW】丸紅 社長 國分文也/投資への感覚を切り替える

    続きを読む
    提供開始日
    2016/09/13
    連載誌/レーベル
    週刊東洋経済

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード