吉田茂とその時代

著:岡崎久彦

850円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    1945年8月15日、日本はポツダム宣言を受諾し、無条件降伏をした。ここに第二次世界大戦は終結。同月30日、連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサーは、コーンパイプを燻らせつつ厚木に降り立った。以来2000日におよぶ日本占領が始まったのである。その間、占領政策の下、昭和21年には日本国憲法が公布され、昭和23年には極東国際軍事裁判、いわゆる東京裁判の判決が下されるなど、激変する社会情勢のなか、「戦後の日本」がつくられていった。その立役者となったのは誰なのか。本書は、終戦から日本が自立復興の道を歩み出す、講和条約発効までを描いた、著者渾身の長編歴史評論である。陸奥宗光、小村寿太郎、幣原喜重郎等、卓越した外交官にスポットを当てながら、近現代の日本の歩みと外交史を事実に即して克明かつ冷静にたどった、著者のライフワーク「外交官とその時代」シリーズ5部作の掉尾を飾る、堂々の完結編である。

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/10/15Posted by ブクログ

      外交官として、「外交官とその時代」シリーズ(陸奥宗光、小村寿太郎、幣原喜重郎、重光・東郷、吉田茂)の第五巻目の著作である。歴史は、その善悪・好悪によって、判断されるべきモノではなく、歴史観の対立、或い...

      続きを読む
    • 2011/10/09Posted by ブクログ

      2010/3/17
      明治維新から敗戦までの日本の政治外交史を描く、「外交官とその時代」シリーズ第5弾。と言いつつも、興味のある巻から読んで全く差し支えない。現に、評者もこの巻から読み始め、すっかり同シ...

      続きを読む
    • 2005/05/15Posted by ブクログ

      戦後になって表舞台へ堂々と登場した「人を食い続けた男(爆)」。途中に東京裁判の章があるので迷わず購入しました。単行本の表紙はタイトルの割りにマッカーサー(何故?)

    [{"item_id":"A001677145","price":"850"}]

    セーフモード