【最新刊】オートバイが走ってきた

オートバイが走ってきた

1冊

片岡義男

275円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ステーション・ワゴンではダメなのだ、やはりオートバイでなければ ■まるで別々の2つの作品を接合したかのようにおよそ途中までの展開からは想像もできないようなラストがやってくる。女と男と女。3人のあいだには親密な関係がありつつ微妙な温度差があり、従来のような関係を維持しにくくなっている。3人の中の1人の女性は、借り物のステーション・ワゴンに乗っている時と自ら乗ることに決めたオートバイと共にある時とではなにかが違う。その「なにか」に向けて物語は過去へと遡行してゆき、そして、まさか、とあっけにとられるラストシーンへと至る。 【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/

    続きを読む
    提供開始日
    2016/09/16
    出版社
    ボイジャー
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード