だれのための仕事 労働vs余暇を超えて

鷲田清一

810円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    たのしい仕事もあればつらい遊びもある。仕事/遊び、労働/余暇という従来の二分法が意味を消失した現代社会にあって、わたしたちが生きることを支えているものはなにか、それは「働く」ことと「遊ぶ」こととどのようなかかわりがあるのか――。人間性の深みまで掘り下げて労働観・余暇観の歴史にせまり、人間活動の未来像をさぐる、清新な労働論。(講談社学術文庫)

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    10
    5
    2
    4
    3
    3
    3
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/03/10Posted by ブクログ

      労働、勤勉が、資本主義の中で神聖化されていく。マルクス主義の観点でも、実は「労働者の提供する資源」という形で神聖化される。余暇や快楽までが消費の対象になる。
      ついには「たえず変化していなければならない...

      続きを読む
    • 2019/01/05Posted by ブクログ

      生産性の論理、すなわち目的に敵う手段としての、もっとも効率的でもっとも合理的な、最短経路で目的を達成するために一切の遊びのない論理。勤勉と節制の道徳はこの論理を労働に、果ては余暇に適応した。さらに自己...

      続きを読む
    • 2017/10/12Posted by ブクログ

      近代において成立した労働と余暇の二項対立を乗り越え、他者とのつながりのなかで生きる自己のあり方に注目しながら、「働くこと」の意義について考察している本です。

      フランクリンに代表される近代人は、勤勉・...

      続きを読む
    開く

    セーフモード