【最新刊】人工知能のための哲学塾

人工知能のための哲学塾

1冊

三宅陽一郎

2,376円(税込)
1%獲得

23pt(1%)内訳を見る

    「人工知能は、いつ主観的世界を持ち始めるのか?」本書はこの問いを巡って、人工知能を成り立たせるための哲学・思想的背景(工学やコンピュータサイエンスではなく)について、ゲームAI開発者として数多くの実績のある三宅陽一郎氏が解説する一冊です。人工知能は「私」というものを持ちうるのか? そうならばそれはいかにしてか? 「世界」とは何か? そして「身体」とは何か? 人間の世界認識/自己認識の軌跡を濃密に辿りながら、人工知能に迫ります。Facebookで1,500人が参加するコミュニティ「人工知能のための哲学塾」にて開催されてきた連続夜話が待望の書籍化!

    続きを読む
    提供開始日
    2016/09/08

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード