シンデレラは偽りの妻

キャシー・ウィリアムズ 翻訳:龍崎瑞穂

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    偽装結婚の期限はたったの1年。親密になんてなるはずもない……。 「おまえはテオ・デ・アンジェリスと結婚することになった」突然父からそう告げられたとき、アレクサは初め冗談だと思った。実業家のテオは大金持ちなうえ、とびきりのハンサムで、つねに美女に囲まれている有名なプレイボーイだ。一方アレクサは、地味な容姿で内気な性格。恋愛経験も当然ない。父と、仇敵であるテオの父親との間でどんな取り引きがあろうと、釣り合っていないふたりの結婚なんて虚しいだけだわ。だが意に反して、初対面したテオは魅力的でアレクサは動揺する。すると彼が耳元で言った。「僕は野生の猫を手懐けるのが得意でね」 ■地味で内気で、女性らしさとはまったく無縁の26歳のアレクサは、父親の勝手な都合でプレイボーイのテオと1年限りの結婚をすることに。C・ウィリアムズが贈る、切ないシンデレラ・ストーリー!

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード