闇に香る嘘

下村敦史

858円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    村上和久は孫に腎臓を移植しようとするが、検査の結果、適さないことが分かる。和久は兄の竜彦に移植を頼むが、検査さえも頑なに拒絶する兄の態度に違和感を覚える。中国残留孤児の兄が永住帰国をした際、既に失明していた和久は兄の顔を確認していない。27年間、兄だと信じていた男は偽者なのではないか――。全盲の和久が、兄の正体に迫るべく真相を追う。

    続きを読む

    レビュー

    • 2016/10/10Posted by ブクログ

       村上和久は孫への臓器移植を望むも、検査の結果、自分の臓器は孫に適さないと診断される。
       そこで和久は兄の竜彦を頼るが、兄は移植どころか検査すらも拒否する。その頑なな姿勢に、和久はとある疑念を持つ。戦...

      続きを読む
    • 2019/09/22Posted by ブクログ

      『私の兄は、本当の兄なのか?』
      中国残留孤児を巡るミステリー。

      本作の主人公は、69才の村上和久。
      41才で全盲となり、やがて妻とも離婚し、一人娘・由香里とも確執があり、一人暮らしを続ける。

      そし...

      続きを読む
    • 2017/01/15Posted by ブクログ

      90年代初頭、まだ小学生くらいの頃
      某公共放送でも頻繁に残留孤児の番組を
      放送していたのを思い出す。

      10年でも早く出版されてたら、
      中国から帰還した人達もまだ
      60代前半くらいで、
      この作品に描か...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001675292","price":"858"}]

    セーフモード