【最新刊】峠越え

峠越え

1冊

伊東潤

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    弱小の家に生まれ、幼少期を人質として過ごした家康は、織田と同盟を組むが、家臣同然の忍従を強いられる。信長の命で堺にいるとき、本能寺の変が起きた。三河へ戻るには、明智の追っ手から逃れ、敵が潜む伊賀を越えねばならぬ。杓子定規の石川数正、武田の家臣だった穴山梅雪ら、部下たちもくせ者揃い。己の凡庸さを知る家康は、四面楚歌の状況から脱出できるのか? 本能寺の大胆仮説もふくむ大仕掛け、注目の著者の歴史小説!

    続きを読む
    提供開始日
    2016/09/09
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3.6
    5
    5
    0
    4
    3
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/01Posted by ブクログ

      弱小の家に生まれ、幼少期を人質として過ごした家康は、織田と同盟を組むが、家臣同然の忍従を強いられる。信長の命で堺にいるとき、本能寺の変が起きた。三河へ戻るには、明智の追っ手から逃れ、敵が潜む伊賀を越え...

      続きを読む
    • 2019/05/07Posted by ブクログ

      家康のみならず家臣団の人物像を魅力的に描いたエンターテインメント作品。本能寺の変の独自解釈は、なかなか興味深かった。師である太原雪斎の言を反芻するシーンや家康の所々でのボヤキが絶妙でした。

    • 2018/01/15Posted by ブクログ

      帯や裏表紙で「伊賀越え」と書かれていたが、伊賀越えも入っているけど、伊賀越えの話ではないよねと思いました。

    開く

    セーフモード