【最新刊】リトル・バイ・リトル

リトル・バイ・リトル

お得

島本理生

460円322円(税込) 5/15まで
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ふみは高校を卒業してから、アルバイトをして過ごす日々。家族は、母、小学校2年生の異父妹の女3人。習字の先生の柳さん、母に紹介されたボーイフレンドの周、二番目の父――。「家族」を軸にした人々とのふれあいのなかで、わずかずつ輪郭を帯びてゆく青春を描いた、第25回野間文芸新人賞受賞作。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/09/09
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(106件)
    • リトル・バイ・リトル
      2011/02/27

       表紙の写真と『リトル・バイ・リトル』というタイトルからなにか伝わってくる気がした。

       主人公の橘ふみは、父親の違う妹の面倒を見る。全く当たり前に。逃げた父や頼りない母に代わり、進学をやめ働くこと...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • リトル・バイ・リトル
      2011/06/15

      高校を卒業してからアルバイトをしながら生活する主人公。
      それを取り巻くどこか愛くるしい登場人物たち。
      この小説のあとがきを見てハッとしたのを覚えてます。
      詳しくは思いだせないけど、あとがきを見て初めて...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • リトル・バイ・リトル
      2007/01/20

      主人公ふみは高校を卒業してからバイトをしながら過ごす。家族は母と父親違いの妹の三人暮らし。
      その中で色んな人達と出会い、別れながらも少しずつ輪郭を帯びていく日常。
      そんな話でした。
      やっぱり島本さんの...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード