空に唄う

白岩玄

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    通夜の最中、新米の坊主の前に現れた、死んだはずの女子大生。自分の目にしか見えない彼女を放っておけない彼は、寺での同居を提案する。だがやがて、彼女に心惹かれて……若き僧侶の成長を描く感動作。

    続きを読む

    レビュー

    3.1
    6
    5
    1
    4
    1
    3
    2
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/10/20Posted by ブクログ

      野ブタをプロデュースの著者。ドラマ化とかされて話題になって、その後ふっつり聞かないなあと思っていたけど、うーん。

    • 2013/04/04Posted by ブクログ

      幽霊の娘が、主人公のもとを離れ、1人でどこでどう過ごしていたのか全く示されない。
      また、最後まで彼女がなぜ消えたのか、何を思って主人公と最後の晩過ごしていたのかも、記述はない。
      そのため、この本を読...

      続きを読む
    • 2013/02/18Posted by ブクログ

      結果、なんだったんだろう?って内容だけど、嫌いではない。一人一人に重要な意味なんてないけど、みんな生きてんだなぁ。そんな感想

    開く

    セーフモード