【最新刊】原発の正しい「やめさせ方」

原発の正しい「やめさせ方」

1冊

著:石川和男

720円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    原発は 無理に殺すな 利用しろ 葬式代は 自分で出させろ――原発推進派・反対派の双方から多数のバッシングを受ける著者は、ある時、過激な推進派と過剰な反対派の間に共通点を見出した。それは、「すべての課題をテーブルに載せずして『稼働だ』『反対だ』と叫び、相手からの鋭いツッコミには返す言葉を持たない」ということ。本書は、原発にまつわるすべての課題をテーブルに載せることを目指し、様々な視点から客観的に、冷静にこの問題を考察する。将来的には脱原発する運命にある日本が選択すべき現実的な道とは? 資源エネルギー庁にいた著者が、誰も語れなかった「原発安楽死論」を展開する。原発反対派のあなたも、推進派のあなたも、双方に読んでほしい1冊。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/09/09
    連載誌/レーベル
    PHP新書
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    3.5
    4
    5
    1
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2014/06/01Posted by ブクログ

      原発事故後に書かれた原発推進本の中でも
      12を争うゲスな本。

      反原発本の「原発危機と東大話法」を思い起こさせるゲスさ。

      とにかくあげつらってりゃイイ方式が寒々しい。

      両者ともに言えるのが、頭良さ...

      続きを読む
    • 2013/12/18Posted by ブクログ

      著者は、経済産業省出身で電力事情にも精通。現状のエネルギー情勢について、非常に容易な言葉で、常識的な内容を記述されているおり、誰でも読める一冊ではある。
      原発のあるべき姿を訴えたいという著者の気持ちは...

      続きを読む
    • 2013/12/18Posted by ブクログ

      資エネ庁で電力改革に携わった元経済産業官僚による,原発と電力システムについての現実的な処方箋。
      今ある原発は有効に使って安楽死させる。電力自由化は通信自由化とは全然違って,全面自由化や発送電分離は得策...

      続きを読む
    開く

    セーフモード