【最新刊】秘書喫茶 ―レイジータイム―

秘書喫茶

火崎勇/いさき李果

940円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    アメリカでミラーという老人の秘書をしていた冬海は、彼の外子である真宮司と恋に落ちた。しかし、ミラーから真宮司が、冬海とミラーのどちらを選ぶかという賭けをさせられ、冬海は負けてしまう。そのことがきっかけで真宮司と別れ、帰国した冬海は、賭けの代償として貰ったお金で、秘書と出会えるカフェ――秘書喫茶を開く。店は軌道に乗っていたが、突然真宮司が現れ、秘書を寄越して欲しいと依頼してきて…。 【おことわり】電子書籍版には、紙版に収録されている口絵・挿絵は収録されていません。イラストは表紙のみの収録となります。ご了承ください。

    続きを読む

    本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

    提供開始日
    2016/10/05
    連載誌/レーベル
    リンクスロマンス
    • 秘書喫茶 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      秘書喫茶 全 2 巻

      1,880円(税込)
      18pt獲得

    レビュー

    • 2012/03/09Posted by ブクログ

      久々に?ヒットかも(^^)v
      真宮司は、微妙だけど?
      冬海さんや、秘書喫茶の人たちは、すっごく良い感じ(^^♪
      同じ秘書喫茶のビジネスタイムより、こっちの方が好き♪

      それにしても・・・偶然だけど、最...

      続きを読む
    • 2011/12/18Posted by ブクログ

      続編期待してたので、すごく嬉しいんだけれど、いきなりのオーナーだったので次はないのか?とちょっと残念な思いです。是非また読みたいですね。かなり切ないお話でした。でも暗くなる事もなく、最強秘書軍団がオー...

      続きを読む
    • 2020/05/01Posted by ブクログ

      秘書喫茶という不思議な店で客と店員として出会った鮎川と大倉。なんの店?と言いたくなるけれど、突然立場が変わってしまった鮎川には必要だったかも。味方がいないままだったら、ダメになってしまった気がするし。...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001683184","price":"940"}]

    セーフモード