【完結済み】日本の危機(新潮文庫)

日本の危機

完結

櫻井よしこ

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    税制の歪み、教育現場の荒廃、人権を弄ぶ人権派の大罪、メディアの無軌道…。桜井よしこは日本社会の危機的状況を指弾する。各方面から激しい攻撃を受けつつも、彼女の信念には揺るぐところがない。なぜなら本書はすべて、丹念な取材に基づき集積された現場の声によって構成されたものだからだ。そして彼女は確信した。日本の「真の危機」はそれを自覚していないことだと―。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/09/09
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    学術・学芸
    • 日本の危機 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      日本の危機 全 2 巻

      1,584円(税込)
      15pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(10件)
    • 2007/07/27

       前作に比べてソフトよりに新たな問題を提起しています。
       メディアは一過性で問題が少しでも古くなれば報道しませんが、追記として新しい情報を加味しており、非常に役立ちます。

      Posted by ブクログ
    • 1巻
      2007/07/27

       日本が現在持っている問題を自覚させてくれる本。
       出版から5年以上たっているにもかかわらず、何も変わっていないことに、深い悲しみを覚える。

      Posted by ブクログ
    • 1巻
      2007/06/12

      タイトル通り、日本が陥っている危機を多面的に取材してあります。全部で21項目。どの項目も、正鵠を射た指摘ばかりで刮目もの。

      これを読んでいると、日本の政治家・官僚がいかに重要な問題をなおざりにしてき...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード