サロメの乳母の話(新潮文庫)

塩野七生

506円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    ホメロスが謳うオデュッセウスの漂流譚はでっちあげだ! と糾弾する妻ペネロペ。不器用で世渡りが下手な夫を嘆くダンテの妻。サロメの乳母、キリストの弟、聖フランチェスコの母、ブルータスの師、カリグラ帝の馬……歴史上の有名人の身近にいた無名の人々が、通説とはまったく違った視点から語る英雄・偉人たちの裏側。「ローマ人の物語」の作者が想像力豊かに描く短編小説集。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード