「理科」で歴史を読みなおす

伊達宗行

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    歴史を動かしてきたのは、政治や経済だけではない。数学的知識、暦の作り方、冶金技術など広い意味での「理科力」こそ、人間を人間として進歩させてきたものなのだ。縄文時代の天文学、世界最高水準の技術で作られた奈良の大仏、古代日本人の数学的センスがかいまみえる万葉集。ギリシア以来の「アルス」のあり方……。人類の「これまで」と「これから」を理科の視点から眺望する。

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/12/02Posted by ブクログ

      読後の感想は、「久々に読み応えのあるちゃんとした新書を読んだなぁ~」というもの。

       私が大学生の頃、新書と言えば岩波新書、中公新書、講談社現代新書が御三家で、卒業する頃に集英社などからも出るようにな...

      続きを読む
    • 2016/09/27Posted by ブクログ

      歴史に興味はあるけれど、教科書を読んでも頭になかなか入ってこなかった中高生の時に出会いたかった本。「数字」「鉄」といった具体的で普遍的な事象から歴史を眺めることは、歴史をイメージする手助けとなる。

      ...

      続きを読む
    • 2016/04/26Posted by ブクログ

      歴史を動かしてきたのは、政治や経済だけではない。
      数学的知識、暦の作り方、冶金技術など広い意味での「理科力」こそ、人間を人間として進歩させてきたものだ、という著者の主張です。
      特に縄文時代の天文学の記...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001674425","price":"770"}]

    セーフモード