【最新刊】老後ひとりぼっち

老後ひとりぼっち

松原惇子

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    “ひとりの老後を応援する会”の代表が教える「幸せ老人の生き方」。もはや結婚が老後の保障ではなくなった時代。配偶者がいなくても、子供がいなくても、お金がなくても幸せ老人がいる一方、配偶者がいても、子供がいてもお金があっても不幸な老人もいる。著者は、20年間、おひとりさまの会の会員1000人を見続けてきた、“ひとり老後”のプロ。これまでの経験から、さまざまな実例をもとに、ひとり老後の明暗を分けるものは何かを探り、「ひとりでも幸せに生きるノウハウや秘訣、裏ワザ」を公開します。また、“ひとり老後”に群がる「保証人ビジネス」の問題や、ひとり世帯に冷たい日本の制度についても、詳しく言及します。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/09/05
    連載誌/レーベル
    SB新書

    レビュー

    4
    6
    5
    1
    4
    4
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/28Posted by ブクログ

      老後ひとりぼっち。松原惇子先生の著書。結婚していても結婚していなくても、子供がいても子供があっても、お金持ちでもお金持ちでなくても、ほとんどの人は死ぬ時にはひとりぼっち、期間は人それぞれだけれど老後ひ...

      続きを読む
    • 2017/08/18Posted by ブクログ

      内容は、
      第1章「老後ひとりぼっち」時代の到来
      第2章「老後ひとりぼっち」の現実
      第3章 誰もがなりうる「老後ひとりぼっち」
      第4章「ひとり」に冷たい日本
      第5章「ひとり」に群がる身元保証ビジネス
      ...

      続きを読む
    • 2019/02/21Posted by ブクログ

      さらっと読める、おひとりさま老人に関するエッセイ。様々なリアルな声が記載されているのが読み物として面白い。お年寄りにとって、住居賃借、入院、施設入居の3つのケースで保証人を立てることの難しさ、制度の非...

      続きを読む
    開く

    セーフモード