【最新刊】三国志「その後」の真実

三国志「その後」の真実

渡邉義浩/仙石知子

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    孔明没後から三国の滅亡、西晋の興亡までの三国志の「その後」の世界は意外と知られていない。そこには三国志を凌ぐ壮大なドラマが繰り広げられていた!実はもっと面白くためになる、知られざる「その後」の世界への誘い――●意外と知られていない三国志の「その後」「三国志」は昔から日本人の教養ともいえるくらい親しまれている。しかし、曹操や劉備、孔明の生きていたほんのわずかな時代のみがクローズアップされ、その後どうなったかについては、読み飛ばす程度の知識しかない人が多い。だが、英傑の子たちの世代に入ると、そんなに知名度は高くはないが、実はそれなりの事績や逸話は多い。●「その後」を知るほうが、現代の混迷の時代を生き抜くヒントになる!孔明死後、三国鼎立はくずれ、最終的に西晋に統一。しかし、その西晋も内紛により、衰退の道をたどる…。挫折や左遷など仕事や人生で悩む現代人にとっては、むしろ孔明没後の「その後」のほうが、今に通じる争い・エピソードが多く、共感もでき参考になる。●三国志研究第一人者による「その後」の三国志・決定版!本書は、五丈原以前もおさらいしつつ、「その後」の、西晋の興亡までの英傑たちの戦い・逸話に焦点をあてるものである。さらに、現代にいたるまでどう伝承され、伝説化されたかについても言及する。これまで見落とされがちだった「その後」の世界を、三国志研究第一人者がわかりやすく俯瞰する。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/09/05
    連載誌/レーベル
    SB新書

    レビュー

    • 2017/08/04Posted by ブクログ

      本来ならば孫権が呉を建国したところからが三国志。吉川英治の影響か孔明の死後は割愛される事が多い。敢えてその後を取り上げたところに意義がある。

    • 2019/10/28Posted by ブクログ

      詳細は、こちらをご覧ください
      あとりえ「パ・そ・ぼ」の本棚とノート
       → http://pasobo2010.blog.fc2.com/blog-entry-1361.html

      日中文化交流協定締結...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001674420","price":"880"}]

    セーフモード