赤ヘル1975

重松清

950円(税込)
ポイント 9pt

通常ポイント:9pt

一九七五年――昭和五十年。広島カープの帽子が紺から赤に変わり、原爆投下から三十年が経った年、一人の少年が東京から引っ越してきた。やんちゃな野球少年・ヤス、新聞記者志望のユキオ、そして頼りない父親に連れられてきた東京の少年・マナブ。カープは開幕十試合を終えて四勝六敗。まだ誰も奇跡のはじまりに気づいていない頃、子供たちの物語は幕を開ける。

続きを読む

レビュー

4.1
28
5
14
4
5
3
9
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/03/16Posted by ブクログ

    9月4日のオリックス・バファローズ戦は延長12回に入り、午後5時20分を過ぎていた。突然の豪雨による中断も重なって、当初予定していた新千歳への最終便搭乗を断念することが決まった。新しい行程は翌日、旭川...

    続きを読む
  • 2019/02/12Posted by ブクログ

    極貧球団だった頃のカープ選手の練習風景、熱狂するカープファン、いつも引き合いに出されるジャイアンツの話を、亡くなった父からよく聞かされていた。

    私自身は、原爆や復興途上の広島を知らないが、あの時代に...

    続きを読む
  • 2019/01/27Posted by ブクログ

    途中までしか読めなかった…挫折。広島在住なので興味ぶかかったけれど、平和に関する情報の押し付けがましさに耐えかねて…。

もっと見る

セーフモード