会社を強くする多角化経営の実戦

山地章夫

2,068円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    中小企業が、事業を多角化して儲かる事業会社を次々に作り出し、売上を10億、50億…100億円と積んでいくそれが本書で解説する「連邦・多角化経営法」です。「会社を幾社も立ち上げるメリットと戦略視点」「子会社を任せられる幹部社員のハイスピード育成法」「親会社の役割と独立採算グループ会社の運営ルール」「子会社長に、経営を任せるところ、任せてはいけないところ」「社員がワクワク楽しく勝手に会社を伸ばす仕掛け」など、これら「連邦多角化経営」の実戦で、経営が安定し売上がぐんぐん伸びていきます。本業を中心に、数千万~数十億円の事業を無数につくる方法を、今話題の経営者が教えます。

    続きを読む

    レビュー

    • 2017/02/08Posted by ブクログ

      複数の異なる業界で事業ができると、
      ひとつの業界が悪くなっても、他でカバーできるので
      比較的、安定した経営ができます。

      しかしながら、我々のような中小企業では、
      目の前の仕事をこなすのに精いっぱいで...

      続きを読む
    • 2015/10/25Posted by ブクログ

      先が見えない業界で事業を回している人は参考になる
      と思う。多角化は一貫性がなくて難しいと思っていたけど上手く運営できている会社を見ると視野が広がった気がした。IT×自動車など良く考えてみるとここ最近の...

      続きを読む
    • 2017/02/25Posted by ブクログ

      コンサルが言う「一つのビジネスに集中しなさい」という言葉に惑わされない。「連邦多角化経営」で、丸投げ。コア事業で稼げているうちに、周辺事業を立ち上げる。

    [{"item_id":"A001673343","price":"2068"}]

    セーフモード