楓の木が色づく頃に

著:鈴木和音

1,209円(税込)
ポイント 12pt

通常ポイント:12pt

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

昭和初期。韓国合邦後の華やかなりし京城。幼い頃に母を失い、賢くしっかりものに育った明子は、日本の将来を担う子どもたちを育てたいと教師の道を選ぶ。しかし、明子が教鞭をとり始めた頃、太平洋戦争の戦況は悪化。急な時代の流れに、戸惑いながらも、乗り越えようとする明子。世の中の価値観が変わっても、決して信念を曲げずにまっすぐ生きることを選んだ明子は、時代に取り残されそうになりながらも、「本当に大切なこと」を次の世代に伝えるべく奮闘する。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

セーフモード