万葉集と日本の夜明け

著:半藤一利

650円(税込)
ポイント 6pt

通常ポイント:6pt

現存する最古の歌集『万葉集』には、日本と日本人の夜明けの姿がいきいきと描かれている。とくに東歌・防人の歌では庶民の作が多く、奈良朝の貴族でない人々の心象に分け入ることができる。本書は、若き日に和歌に傾倒した「歴史探偵」が、万葉の世界を現代感覚で読み解く。「雑学・名もなき人の歌」「長安の山上憶良」の二部構成で、思わず耽読してしまう滋味深い随想集。

続きを読む

レビュー

4
1
5
0
4
1
3
0
2
0
1
0
  • 2016/11/02Posted by ブクログ

    ものとか 便利とか 無縁の 古代の日本人。 万葉集は 庶民が うたったものだ。 著者は 昭和5年生まれ。東大文学部卒。元文春の編集長。 戦後の焼け野原から 明るくたくましく生き抜いてきた戦後の日本人と...

    続きを読む

セーフモード