夜あけのさよなら(新潮文庫)

田辺聖子

594円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「人に取られたくない」という独占欲が、愛のかたち―やわらかに耳を打つ、心を撫でられそうな篠崎サンの声。安心してよりかかれる気がするけど、どうしてそうやさしくするの?田辺聖子の恋愛小説。

    続きを読む

    レビュー

    • 2018/07/30Posted by ブクログ

      私の持ってる文庫本は昭和58年発行の19刷で、ページがすっかり茶色くなってしまった。単行本の刊行は昭和49年とある。うひゃー、すぐには何年前か計算しにくいくらい古い。でも読み返すたびにひきこまれて、前...

      続きを読む
    • 2007/02/14Posted by ブクログ

      誰かに恋しつつも、常に他にも目を向けている女の狡猾、イコール青春。恋した人とのやりとりや一人よがりの思いを経て、成長していく物語。

    • 2009/10/02Posted by ブクログ

      ところどころ、言葉が古いなとは感じるけど、手に取りたくなる田辺聖子。
      この作品は、篠崎氏の人柄が飾らなくて素敵だけど、全体的にはまぁまぁな印象・・。
      篠崎氏の別荘でお好み焼きを焼く場面では、私も無性に...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001672477","price":"594"}]

    セーフモード