いつか人魚に逢ったなら 2 彷徨う愛と儚い祈り【分冊版10/10】

著:真敷ひさめ

108円(税込)
ポイント 1pt

通常ポイント:1pt

購入へ進む

カゴに追加

主人公、藤崎香苗は公園の温室で、同じ学校に通う牧野響のヴァイオリンを弾く姿に一目ぼれをしてしまう。それからふたりは毎日のように温室で会い、香苗の想いが通じたかに思えたが、あることがきっかけで響の態度が一変する。優しかった響に憎まれ、ひどく扱われても、響を想う気持ちを止められない香苗は……。愛と憎しみが錯綜する束縛愛の極致。 ※本コンテンツは単行本「彷徨う愛と儚い祈り」を分冊したものです。

続きを読む
  • 彷徨う愛と儚い祈り【分冊版】 全 10 巻

    未購入巻をまとめて購入

    彷徨う愛と儚い祈り【分冊版】 全 10 巻

    1,080円(税込)
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューはありません。

セーフモード