目撃者

三留理男

1,650円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    作家の井上ひさしが「三留理男さんのこと」と題してあの特徴的な文字で書き残した原稿用紙が残っています。そのなかに「三留理男さんはファインダー越しにたくさんの<地獄>を見ている。その地獄にはつねに難民が溢れかえっている。(後略)」とあります。本書は、その三留理男が国際報道カメラマンとしての自らの半生を語り、毎日新聞日曜版に一年間にわたって連載された「目撃された戦後 報道カメラマン 三留理男」に加筆したうえで、2012年3月に刊行された『目撃者』(毎日新聞社)を底本に電子書籍化したものです。三留理男回顧録はそのまま、激動の戦後世界の最前線報告であり、同時代史となっています。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード