夢の新エネルギー「人工光合成」とは何か 世界をリードする日本の科学技術

編:光化学協会 監修:井上晴夫

990円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「人工光合成」は太陽ネルギーと水を原料にして、水素などの高エネルギー物質を創り出す技術です。温暖化の原因とさえる二酸化炭素を抑え、再利用することで、環境にもやさしいエネルギーです。日本人が発明したこの技術こそ、地球のエネルギー問題を救えると世界中から注目されています。2050年の実用化をめざすプロジェクトの全容をわかりやすく解説します。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    6
    5
    1
    4
    3
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/03/22Posted by ブクログ

      光触媒を用いた人工光合成は太陽エネルギーと水から取出した水素と工場等からの副産物である二酸化炭素を原料とし、最終的にプラスチック原料を造り出すという壮大なストーリーに感動した。植物の光合成における明反...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2016/11/06Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2016/10/31Posted by ブクログ

      この書評を投稿している本棚サイト「ブクログ」が募集をしていた献本企画に申し込んだら当選した。本当に当たるんだ。「人工光合成」なるものが実現することとなったら、エネルギー問題が解決するということなんだろ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード