入り婿侍商い帖 出仕秘命(二)

著者:千野隆司

734円(税込)
ポイント 7pt

通常ポイント:7pt

殺された兄に代わって実家を継ぎ、勘定奉行所勤めの武士となった角次郎。兄の遺した証拠から真岡代官所にまつわる不正を暴き出した。だが、探索の手が自分にまで伸びることを恐れた、上司で勘定奉行の大久保忠信の仕組んだ罠により、角次郎は蟄居を命じられてしまう。さらに大久保の執拗な奸計は家族にまで及ぶ。〈このままでは夫がお役御免となってしまう〉。夫・角次郎の窮地を救うため妻のお万季は敵地――大久保の妻が主催する茶会――に乗り込むが……。

続きを読む

レビュー

3.6
3
5
0
4
2
3
1
2
0
1
0
  • 2018/12/12Posted by ブクログ

    第八弾(3-2) 勘定奉行への追及を続けるが、逆に罠にはまり解任の危機に お万季は敵勘定奉行の奥方の集まりに、女同士の繋がりから隠れた敵を炙り出し、敵方の商人の裏切りを誘い、田安家の用人を葬るが奉行大...

    続きを読む
  • 2017/08/01Posted by ブクログ

    シリーズ本を読んでいます。(出仕秘命一を再読してから) 今回は蟄居あり、川の中での戦いありと毎回のようにドキドキしながら読み進めました。

  • 2017/02/15Posted by ブクログ

    前作読んでから(なんだか人気が出ていて図書館で予約待ちが)だいぶ間が開いてしまった(そして、その間に千野隆司さんの他の作品も読み漁ってもた)んでなにがなんやら。 といいつつ、2日で読み終わってもた。ぐ...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード