ゆとり世代の若者たちがいま戦争について考えていること

著:杉井敦 著:星野了俊

1,098円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本は戦争にどう向き合うのか?ゆとり世代の若者たちがいま戦争について考えること20代の研究家ふたりの問答に耳を傾けてください。防衛大学校を卒業した戦略・安全保障研究家で20代半ばの若き俊英ふたりが問答形式で日本のあり方・行く末に対しての「戦争論」を展開します。・日本のグランド・ストラテジー(大戦略)・戦後70年の積み重ね・安全保障の本質・日米同盟の意味・太平洋戦争・中国のナショナリズム・中国の『民主化』・日本と中国の戦争・国際テロリズム・核兵器の拡散と管理・サイバー戦争のゆくえ・自衛隊の任務などについて、語りつくします。本書の目的は、日本の安全保障問題に興味を持ち、より深く、より幅広く考えるキッカケをつくることです。こんな時代だからこそ、『戦争と平和の議論』をしてみるのはいかがでしょうか。■目次・第1章 戦後70年と安全保障のあり方を考える・第2章 中国と日本の微妙な関係を考える・第3章 世界の複雑な「戦争問題」を考える・第4章 日本の戦争への向き合い方を考える■著者 杉井敦 星野了俊

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード