歴史問題の正解(新潮新書)

有馬哲夫

836円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「日本は無条件降伏をしていない」「真珠湾攻撃は騙し討ちではない」「ヤルタ会議は戦後秩序を作らなかった」――国内外の公文書館で筆者が掘り起こした第一次資料から次々と明らかにされる意外な真実。それこそが日本人が知らされてこなかった歴史問題の「正解」なのである。自虐にも自賛にも陥らず、中国、韓国、ロシアのプロパガンダや、アメリカの洗脳教育を排し、冷静に歴史を見つめ直す。日本国民必読の書。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(6件)
    • 2016/10/13

      プロパガンダではなく資料に基づいて歴史を明らかにしていくもので、これまでの日本の主張が間違っていなかったことが明らかにされている。
      もっとも、その根拠となる資料でさえバイアスがかかっている可能性もある...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2019/01/19

      「日本は無条件降伏をしていない」「南京事件は中国のプロパガンダ」「真珠湾攻撃は騙し討ちではない」…。国内外の公文書館で掘り起こした第一次資料から、意外な真実を明らかにする。

      2か月前に著者の「こうし...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2019/01/20

      歴史問題というより、大東亜戦争に限った内容。いわゆる右寄りの人。真珠湾攻撃、原爆投下等、著者の主観ではなく、公文書から引用しての結論とある。これはこれで間違ってはいないだろうが、賛同しない人も多く存在...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード