【最新刊】視える女

視える女

ベリンダ・バウアー(著)/満園真木(訳)

913円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    英国ミステリの女王が挑む霊脳スリラー! 流し込んだばかりのセメントに小さな5つの足跡を残し、息子が失踪してから4か月。母アナは毎日その足跡が消えないように磨きながら、息子の帰りを待ちわびている。日に日に思い詰め、やがて藁をもつかむ思いで霊能者にすがるようになるアナ。一方、もう一つの子どもの失踪事件を追っていた刑事マーヴェルは、万策尽きて霊能者に協力を頼むが成果は得られなかった。霊能者を疑う刑事と、霊能者にすがる母。それぞれの思いが交錯し、やがて意外な結末へと辿り着くーー。 デビュー作でいきなり英国推理作家協会(CWA)ゴールド・ダガー賞を受賞し、長編6作目にして本作ですでに3度目のノミネートを果たした英国ミステリの女王が挑んだ、オカルト・スリラー!

    続きを読む
    提供開始日
    2016/08/26
    連載誌/レーベル
    小学館eBooks
    出版社
    小学館
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    • 2017/01/04Posted by ブクログ

      ジェームズ(アナの夫)は、なんて優しい人なんだ こんな夫ばかりだと世界は平和だろうなぁと思ってしまう
       それに比べ、マーヴェル警部がとてつもなく嫌な奴 もう、人としてどうなんだ、こいつ…と思ったら、あ...

      続きを読む
    • 2016/08/15Posted by ブクログ

      失踪した少年、ダニエルを巡る奇妙なミステリー。ベリンダ・バウアーの第6作。

      オカルトチックな展開とミステリーとが今一つ調和せず、どうにもしっくり来なかった。『ブラックランズ』『ダークサイド』『ハンテ...

      続きを読む

    セーフモード