黒南風の海 「文禄・慶長の役」異聞

伊東潤

712円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    加藤清正の配下 沙也可(さやか)こと佐屋嘉兵衛忠善と、朝鮮の北辺・咸鏡道の役人 金宦。秀吉最晩年の大事業である大陸出兵、すなわち文禄・慶長の役を舞台に、運命の糸に絡め取られ、それぞれの祖国を裏切り、立場を入れ替えることになってしまった二人の男がいた。嘉兵衛と金宦、日本と朝鮮―。二人の男、二つの国の間に何があったのか。徹底した史料調査に基づく歴史解釈と高次元のストーリーテリングにより実現する、リアリティ溢れる怒濤の合戦絵巻。「本屋が選ぶ時代小説大賞2011」受賞作品。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード