新選組と日本刀。近藤勇、土方歳三、沖田総司、斎藤一、永倉新八、その愛刀とエピソード。

宮内露風/MBビジネス研究班

322円(税込)
ポイント 3pt

通常ポイント:3pt

さっと読めるミニ書籍です(文章量12,000文字以上 13,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の24ページ程度)【書籍説明】ご好評をいただいております歴史上の人物と日本刀の関係を記した、「○○と日本刀」シリーズの第2弾です。第1弾「戦国武将と日本刀」が、時代の関係で太刀ばかりになってしまいましたので、第2弾は打刀を中心に扱おうと思っていました。また、思いっきり刀に寄せたエピソードを集めたかったので、対象を幕末の剣士集団「新選組」に絞りました。新選組は、70年代にブームとなって以来、不動の人気を誇る集団です。「剣に生き、剣に死す。」といった一途な姿勢や、その悲劇性が日本人の共感を生むからでしょうか、平成の世が終わろうとしている今も、その人気に陰りは見えません。小説やマンガなど、新選組をテーマにした作品は、現在も続々と生み出されています。本書では、人気の新選組隊士の中でも、特に人気のある5人を取り上げ、その愛刀との関係をまとめています。新選組に関するエピソードを知ると共に、日本刀の基礎知識を学べる。新選組のファンを、より深い日本刀の世界へ誘うことが本書の目的です。あなたも新選組を入り口として、日本刀の深甚な世界へと足を踏み入れてみませんか。【目次】第1章 日本刀の基礎知識第2章 局長・近藤勇の刀第3章 副長・土方歳三の刀第4章 一番隊組長・沖田総司の刀第5章 三番隊組長・斎藤一の刀第6章 二番隊組長・永倉新八の刀【著者紹介】宮内露風(ミ… 以上まえがきより抜粋

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード