飛行士たちの話〔新訳版〕

ロアルド・ダール/田口 俊樹

891円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    偵察飛行に向かってから二日後に帰投したパイロットは、その間の記憶を失っていた。だがある戦闘中、仲間が撃墜されたのを見た彼は不可解なことをつぶやき、何もかも思い出したと叫び出す。彼が見たこの世のものとは思えない光景とは? 後世の作品に多大な影響を与えた幻想譚「彼らに歳は取らせまい」をはじめ、従軍経験をもとにしたデビュー作など、著者のストーリーテラーぶりを存分に味わえる10篇収録の処女短篇集!

    続きを読む

    レビュー

    3.2
    4
    5
    0
    4
    2
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/11Posted by ブクログ

      小さい頃ロアルド・ダールの児童書を沢山読んでいたから、児童書以外も書いてたんだ!と思い読んだ。

      描写がすごく生々しいというかありありとその場面を想像することができる。
      ただ、こうゆう海外作品のやつで...

      続きを読む
    • 2019/01/17Posted by ブクログ

      長編にもできたような話で、そうすればもっとウエットになったと思うけど、短編であることでそれぞれのエピソードがくっきりとした印象を残した。
      命を分ける戦争の場面が、淡々と語られていて、飛行士たちの人柄と...

      続きを読む
    • 2018/12/26Posted by ブクログ

      とてもきれいな文章で語られる戦争の話。日常の会話、妄想、ちょっとした時に見せる表情、考え方。現実離れしているのに、現実だったんだろうと感じる。「昨日は美しかった」は最後が衝撃的で、読み終わってからまた...

      続きを読む
    開く

    セーフモード