組織サバイバルの教科書 韓非子

著:守屋淳

1,944円(税込)
ポイント 19pt

通常ポイント:19pt

「経営者が愛読しているにもかかわらず、ほとんど口外されない名著」--『韓非子』。『韓非子』全編を貫いているのは、人間不信(性悪説)の哲学です。中国の古代において『論語』の理想とするような組織は、時代が下るにつれてその批判や改革への試みが徐々になされていきました。その解決策として誕生したのが『韓非子』です。その意図は「ムラ社会のような目的意識の強くない組織を、成果の出せる引き締まった組織に変えたい」ということ。強敵が外部に多数ひしめく過酷な状況でも生き残れる、筋肉質な組織を『韓非子』は作ろうとしました。 また『韓非子』は、組織にいる人間がその中で生き残るための教科書という一面も持っています。どんな名経営者であっても、組織の頂点に立ち、それを維持するためには、ライバルや派閥間の抗争、権力闘争を乗り越えなければならない状況に直面します。当然そんな状況で用いられるノウハウは、きれいごとばかりではありません。他人に堂々とはいえないような手段も駆使せざるを得なくなります。こうしたノウハウは、下にいる人間にとっても多々必要になります。どうしようもない上司や同僚に対抗するため、巻き添えになって責任をとらされないため……そういった状況での権力の握り方や、権力闘争のコツといった知恵を学ぶ糧として『韓非子』はあるのです。 本書では『論語』的な立場(徳治)、『韓非子』的な立場(法治)の二つを対比させながら――それぞれの考え方の特徴とその強み、弱み、さらには現代的にどのような意味や活かし方があるのか、について解説します。前著『最高の戦略教科書 孫子』と同様に、親しみやすい文体をこころがけ、現代の事例を全体に散りばめて読者の理解を深めていきます。

続きを読む

レビュー

3.6
5
5
1
4
1
3
3
2
0
1
0
  • 2018/12/17Posted by ブクログ

    期待値100に対して60点 論語と韓非子を対称軸に据えて、それぞれの立場から人や組織の姿を論じる構造は良いと思うが、ぜんたいてきに冗長でダラダラ感を感じる。 性悪説を前提とした韓非子の内容の性質上...

    続きを読む
  • ネタバレ
    2018/06/23Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2017/09/25Posted by ブクログ

    韓非子と論語の比較をベースに日本企業の組織・統治の在り方に切り込んでいる。対比が明確なので分かりやすいのだが、読了まですごく時間がかかった。 レイアウトやフォントがなじまなかったというのが一つ、論理展...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード