はじめての認知療法

大野裕

756円(税込)
ポイント 7pt

通常ポイント:7pt

うつ・不安が軽くなる、こころが晴れるメソッドとは? 第一人者による認知療法入門書が登場! 「うつ状態になると、私たちは、何事も悲観的に考えるようになり、本来の自分の力を発揮できなくなります。意識しないうちに、悲観的な自分の世界に入り込んでしまっています。認知療法では、そうした悲観的な自分の世界から少し顔を上げて、現実に目を向けながら新しい考え方ができるように手助けしていきます」──本書より

続きを読む

レビュー

3.7
33
5
6
4
15
3
11
2
0
1
1
  • 2017/10/22Posted by ブクログ

    メンタルクリニックの先生に勧められて読みました。実際は同じ著者の別の本を勧められたのですが、こちらの方がすぐ手に入ったので購入。 自動思考、否定的認知の三特徴(自分を責める、みんなから嫌われてると思...

    続きを読む
  • 2017/02/13Posted by ブクログ

    精神的な疲労、あるいは病気による認知の歪みに気づくためのヒントが書かれている。その方法として認知行動療法があるのだが、どのようなメソッドがあるのか、大雑把にはわかった。 実際には、既に心病んでる人が一...

    続きを読む
  • 2016/11/05Posted by ブクログ

    自動思考に気づく →辛い気持ちになった時や動揺した時 「その時にどのような考えが頭に浮かびましたか」「その時に何を考えたか」 と、問いかける。 スキーマ →心のクセ 特徴的な認知の偏り ①思...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード